【機能追加】特定の読者グループにニュースレターを配信可能になりました

theLetter に新機能「目的別ニュースレター」が追加されました。
theLetter運営
2020.11.13
誰でも

細かい機能の改善・追加のリリースは、ほぼ毎日のようにされています。でもまだまだ実装したい or する必要のある機能が山のようにあり、既存のユーザー様にご協力を得ながら開発を急いでいます。

その中でも先日、今回は特定の読者グループに絞ってニュースレターを配信できる「目的別ニュースレター」をリリースしました。

***
目的別ニュースレター - theLetter
目的別ニュースレター - theLetter

これまで、個人が運営するブログツールや多くの SNS には、特定のファン(読者)グループに絞ってコミュニケーションを取ることができませんでした。

しかし実際には、ファン(読者)の中には熱烈なファンもいれば、最近知ったばかりのファンの方もいたりと、熱量は様々です。そして、熱量ごとに必要となるコミュニケーションは異なるでしょう。文化祭の準備を思い出してください。あまりノリ気じゃない人に熱量をぶつけても反感を買うでしょうし、熱量のある人に簡単な作業を頼んでも不完全燃焼になってしまいます。

theLetter はコンテンツを届ける手段としてニュースレターを採用しているため、特定のグループに絞ってコミュニケーションを取ることができます。

  • 毎回記事を読んでくれている読者
  • 積極的に記事を宣伝してくれている読者
  • 最近忙しくてあまり読めていない読者

こういった読者グループそれぞれ異なったメッセージを届けることができます。毎回記事を読んでくれている読者や宣伝してくれている読者には特別な感謝を、最近忙しくて記事を読めていない読者には今月見逃した記事を、それぞれ送ることで読者の満足度を上げることができます。

そして読者にとっても、有益でないと感じる宣伝を受け取る可能性は低くなりますし、全体のアナウンスではなく、個別のメッセージを受け取ることで配信者との繋がりを感じやすいのです。

このような体験は theLetter でのみ提供可能だと考えています。引き続きユニークな機能を実装していきます。

***

以上、簡単にですが目的別ニュースレターのご紹介でした。

theLetter をお使いになるには、下記のフォームからお願いいたします。ウェイティングリストに登録され、順次ご連絡いたします。

docs.google.com

引き続き theLetter をどうぞよろしくお願いいたします!

lp.theletter.jp

誰もが参加する「個の発信」を今支援すべき理由
theLetter が「個の発信」を支援する理由を、時代の流れから生じた複数の課題点からご紹介します。
誰でも
【機能追加】ニュースレターとWeb記事の文章出し分け機能、質問ボタン
theLetter の新機能「ニュースレターとWeb記事の文章出し分け機能」「質問ボタン」を追加しました。
誰でも
ニュースレターの確かな伸ばし方 | theLetter ストーリー #...
ニュースレターの配信頻度や無料記事と有料記事の違い、どのように読者を集めたかといったニュースレターの伸ばし方について、t...
誰でも
theLetter での執筆体験
書き手の個性を正しく表現し、正しく届けるための theLetter 独自の執筆体験を、配信先の設定から記事訂正のガイドラ...
誰でも
ニュースレター事例紹介と新規ライター様募集
本ニュースレター記事では、実際に theLetter を通して発信されているニュースレターページの事例をご紹介します。新...
誰でも
theLetterの機能について
theLetterの主な機能についてご紹介します。
誰でも
theLetterが誕生しました
個人ブランド向けに、web 記事とニュースレターのハイブリッドで月額配信ができる「theLetter」を開始しました。
誰でも